和声学のレッスンもしています。

最近、和声学のレッスンのご希望が複数出てきました。

 

音楽教員の資格取得に向けて、通信制の大学で学んでいる大人の生徒さんとは、課題提出のお手伝いをしています

(お手伝いといっても、もちろん、問題を解くのは生徒さんですよ。

疑問点を解説したり、間違えを直したり、しています)。

 

大学の音楽科への入学の切符を手にした高校生は、これからに向けて、和声を勉強したい、と話してくれました。

大学生活が始まるまでに、和声学の基礎を一緒に勉強していくことになりました。

 

音大受験や資格取得という目的があるわけではなくても、楽典や和声に興味がある、とのお問合せ・ご相談もときどきあります。

 

ご希望の生徒さんには、そうしたレッスンもしています。

 

和声を知っていると、作品の理解が深まり、説得力のある演奏につながると思います。

 

たとえば、同じメロディーでも一回目と二回目で背景にある和声が違うことがあります。

そこに、どんな意味合いがあるのか、どんな効果があるのか、知ると、演奏が違ってくることと思います。